看護師レクストとは、視力の回復と角膜の強じん化と同時進行で行うことができるという画期的な視力回復治療のことです。
 

品川近視クリニックでは、このレクストに関してすでに70000例以上の治療実績をもっています。
 

今までは、一般的な近視治療ではレーシックという治療方法が利用されてきました。レーシックとはレーザーを角膜に向けて照射し、屈折力を調整することで近視や遠視、乱視を調整する眼科手術のことです。
 

レーシックは効果が高く、10分程度の短時間で施術が終わることから視力回復の手段として主に用いられてきました。
 

しかしレーシックには角膜の強度を下げてしまうという欠点がありました。
 

視力の回復と角膜の強じん化を同時に行うことでその欠点を補い、より安全性の高い視力下腹治療を行えるのがレクストです。
 

レクストではリボフラビン(ビタミンB2)を点眼しながら角膜実質にレーザー照射を行います。術後すぐ~1日程度で視力回復の効果を実感することができます。
 

レーシックでは角膜が薄くなることで視力が変動しやすくなったり、施術前の状態に戻ってしまうなどの恐れがありましたが、レクストではそのような心配がありません。
 

また、レーシックの場合施術後にドライアイやにじみ、ぼやけなどの合併症が起こる場合がありますがレクストの場合そのような合併症の心配もなく、安全性がより高いといえます。
 
 

品川近視クリニックでレクストを受けるメリットその1「安全性」

 

施術を行う前に十分な時間をかけてカウンセリングを行い、最適な治療を行います。品川近視クリニックでは、施術に使用する手袋や器具などに使い捨ての物を使用することで安全性を高めています。
 

術後の検診などのサポートも行っている他、長期にわたって安心保証制度が設けられています。
 

保証制度は、24時間対応でメールや電話などの相談を無料で受け付けてもらうことができ、万が一の場合は無料で再手術を行ってもらえます。
 

最新の視力下腹治療であるレクストですが、品川近視クリニックではすでに70000件以上の実績があり、数万例という高い実績をもつ眼科専門医が在籍しています。
 
 

品川近視クリニックでレクストを受けるメリットその2「利便性」

 

品川近視クリニックでは、施術自体は両眼の施術を行っても約10分程度、検査から施術まで全てを含めても一日+αという短時間で治療を完了させることが可能です。
 

遠方から施術を受けに来る場合や忙しくて何度も通えない場合にも利用しやすいのがメリットです。
 

品川近視クリニックには無料の託児所があり、小さい子どもがいて治療を受けにくいという人でも安心して治療を受けることができます。
 

遠方から治療を受けに来る場合、対象の手術を受ける方に限り交通費の一部を補助してくれる制度があります。また、近隣のホテルとの提携もあるため費用を節約することができます。
 

無料説明会や無料検査なども行われているため、不安がある人は事前にそれらを受けてから実際に治療を始めることもできます。
 
 

品川近視クリニックでレクストを受けるデメリット

 

看護師品川近視クリニックでは、担当する医師を指名することができません。
 

在籍している医師が経験豊富な専門医ばかりなので、どの医師による手術でも結果に大きな違いはないのですが、人によっては指名ができないことをデメリットと感じるかもしれません。
 

また、治療に関する費用をみると低額とは言えないのもデメリットの一つと言えます。
 

最新の医療機器と最新の治療方法を用いるためある程度高額になるのは仕方のないことですが、数万円から数十万円と高額であるため、ためらう人もいると思われます。
 

特に、より安全性や効果が高い物、保証期間が長いものを選択するとそれに伴って費用も高額になります。
 

ただし、業界全体をみると品川近視クリニックでの治療が高額なわけではありません。
 
 

レクストまとめ

 

看護師レクストは最新の視力回復治療で元々安全性が非常に高い治療法です。品川近視クリニックではそのレクストをより安全に受けることができ、短期間で視力の回復を期待できます。
 

また忙しい人や施術に不安がある人、遠方から治療を受けに来る人などに対しても安心して治療を受けることができるシステムになっています。
 

視力回復を真剣に望む人にとってはとても良い条件がそろっていると思われます。