看護師大阪でレーシックを受けたい場合、どのクリニックを選べばいいのか迷いますよね?

実際、大阪には安心してレーシックが受けられる眼科がたくさんあります。

一番のおすすめの品川近視クリニック(大阪梅田院)やSBC新宿近視クリニック、銀糸眼科、小さなところでも高槻眼科、、和泉診療所、フジモト眼科西眼科病院、稲澤クリニック、坪井眼科、鈴木アイクリニックなど選ぶのが難しいですね。

これらの大阪のクリニックはレーシックだけでなく最新のICLなども受けることができます。

大阪のレーシッククリニックの選び方

クリニックの選択は、実績と対応に尽きると思います。品川近視クリニックは一番かどうかは知りませんが、実績もありますし手術を受けるのには申し分ないでしょう。

コースの選択は、手術後の効果と手術代金との兼ね合いでしょう。単にレーシックと呼ばれるコースは代金が安いですから、あまりお金をかけたくない時には良い選択でしょう。

イントラレーシックまたは他の名前もいろいろありますが、フラップを作成する時にレーザーを使う手術は、代金は高くなりますがそれなりに手術後の効果は期待できます。

大阪のレーシック眼科にはだいたいイントラレーシックが受けれるところが多いですが、ないところはやめておきましょう。

この中でも、アイレーシックという名前がついているコースは、アメリカのNASAも認めている手術方法ですから、最高のものを希望されるのであれば、このコースを選択するのが良いと思います。

またレーシック不適合だった方でも受けられる可能性があるICL、フェイキックIOLもおすすめ。

大阪レーシック手術おすすめ8選!最安の費用や評判は?

レーシックを大阪で受けるなら

あなたが大阪でレーシッククリニックを選ぶ際には、クリニックによってどういう違いがあるのかということと、自分が何を希望するのかをすり合わせて考えていかなければいけません。

たとえば、同じような内容の手術式、保証期間、アフターサポートのプランがあるとして、クリニックによって値段が違うということであれば、自分の予算に合った安い方を選ぶということができます。

また視力がそれほど悪くなく、軽度の近視程度なら、無理に高額な術式を選ばなくても、例えば品川近視クリニック大阪院のイントラレーシックを受ければ十分です。

裸眼の快適生活

予算は特に上限を設けていないということであれば、術式やクリニックの症例数などから、安全性の高いものを選びたいということになっていくのではないでしょうか。

ただし、強度の近視であれば高額な術式しか選べない場合もあります。品川近視クリニック大阪院でいえば、最高級のアマリスZレーシックなどですね。

アマリスなら角膜の厚さが少なめな方でもレーシック可能です。レーシックで老眼治療をご希望の方にも安めでおすすめです。

またICL 大阪でしたい方にも品川近視クリニックは費用面で強みがありますね。

他には、口コミによれば、神戸神奈川アイクリニックの大阪院では、患者さんの細かいリクエストにも付き合ってギリギリまで施術に挑戦してくれるらしいです。ただし料金は品川近視よりかなり高くなりますが・・・。

大阪でおすすめのレーシック眼科

品川近視クリニック

大阪府大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田3F

神戸神奈川アイクリニック

大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル17F

多根記念眼科病院

大阪府大阪市西区境川1-1-39

レーシック眼科の選び方

看護師個人個人でニーズは異なるものなので、何を重要視するのかということをまず自分の中で明確に持ってしまった方が比較検討は早いと思います。

比較できる項目は、金額、保証内容(アフターサポート)、家からの距離、術式、クリニックの雰囲気(衛生管理体制)などです。

このうちで、金額や保証内容・術式などのプランは、クリニックの公式サイトを見れば書いてあるのでそれを比較します。

距離に関してはグループ展開しているのでいくつも拠点があるクリニックと、単一の場合がありますから最寄を探していくしかないでしょう。

クリニックの雰囲気については、インターネットのクチコミをより多く読んでみることと、実際に診察を受けに行くことである程度見えてくると思います。

大阪では簡易検査は無料でやってくれるクリニックがほとんどです。自分の目はレーシック手術が可能な状態なのか、ということを調べてもらうものです。

勿論本当に手術を受ける前提で通うようになったら、もっとしっかりした事前検査をするものですが、簡易検査だけなら無料である場合があるので、クリニックの雰囲気を知るために一度行ってみるのは方法の一つです。

検査、カウンセリングを受ければ医師やカウンセラーと話すことになりますから、どの程度親身になってくれるかということは直接判断できるでしょう。

視力がただ上がればそれで良いというものではありませんので、様々なリスクを理解した上で説明し、適した視力がどのくらいなのかを考慮してくれるクリニックを選ぶのが良いと思います。

レーシック後の視力低下リスク

近視が戻る人はどれくらい?

悩む看護師レーシック手術で一度は裸眼視力が出ても「また近視になってしまった」という話は、残念ながらあります。

しかしどのくらいの人が近視に戻るのか、はっきりしたことはわかっていません。近視の戻り方にも個人差があり、戻るか戻らないかにも個人差があります。

今後、研究が進むことにより、事前の検査などで傾向がわかるようになるかもしれません。ただ、再手術が必要になるような強い視力の戻りは1%以下だと言われています。

視力回復した女性

近視が強い人ほど戻りやすい

近視が強い人は、元々目に強い負担をかけています。そのためか、強い近視の人ほど、レーシック手術後に近視が戻りやすい傾向にあるようです。

目を酷使する人は戻りやすい

これはある意味、仕方のないことでもあります。あきらめたくはないですが。やはりPCを一日十時間以上使うなど、目を酷使している場合は、近視が戻りやすいです。これを避けるには、生活から改善するしかないでしょう。

手術後、いきなりの視力悪化には注意

レーシック手術をした後、たとえば一月、二月などの短い期間ではっきりわかるほど視力が低下してきたと感じたら、すぐに眼科へ行きましょう。

いわゆるただ「近視が戻ってきた」状態ではなく、感染症を引き起こしている疑いがあります。

大阪でも品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックなど、大手クリニックは感染症対策は徹底されているので、その点でも大手は安心できますね。

最後に。レーシックが不安な方へ

大阪でレーシックの手術を受けようか迷っている人には、それでももし失明したらとか、失敗したらどうしようとか、不安に感じていると思います。

大切な目のことなのでそれも当然です。眼球にレーザーを当てると聞けば誰しも恐怖心が出てくるものです。

しかしレーシックの手術は、世界で多くの人が受けている手術であり、日本においても200万以上の症例数があるメジャーな施術です。

世界中でも今までにレーシックで失明をした事例はありません。

レーシック手術は角膜に手をくわえる手術です。つまり眼球の内部にメスを入れたりレーザーを当てることはないので、理論的に見ても失明することはないと言われています。

レーシック手術を受けることで失明の心配はなく、その点では安心しても大丈夫です。

リスクとしては術後のドライアイやハローグレアが起こるという点です。

この合併症については、受ける施術の種類についても違ってきます。クリニックの適応検査を受けてカウンセリングで医師にしっかり質問しておきましょう。