看護師国内屈指のレーシック実績と高い顧客満足度や医療への取り組みなど、多くの人に指示される神戸神奈川アイクリニック。
 

これからレ-シック手術を受けようとする人は、安心が欲しいものです。その安心とは
 

①手術の成功による安心
②手術に関わる費用の安心
③手術後の後フォロ-と保証内容への安心
 

ですね。これらの安心チェックを満足するクリニックを選ぶならば、神戸神奈川アイクリニック大阪院はおすすめです。
 

費用の面では少し高くなっていますが、その分アフターケアで元はとれます。
 
 

カウンセリング力が素晴らしい

 

レ-シック手術は、年々進歩し、患者側の負荷がどんどん少なくなっ来ています。
 

まるで、虫歯の治療に出かけるような気軽さすら感じさせるような流れに放ってきていますが、実際のところは、外科手術の一つであり、片手間でタイオア出来るものではありません。
 

そんな手術を受けるには、ドクタ-との数回にわたるカウンセリングを経ての信頼感の情勢が必須であり、これがないと、ぎくしゃくしかねないものです。
 

またいくら良い腕のドクタ-がおられても、遥か僻地にクリニックがあるようならば。おいそれとは出かけるのが大義になってきます。
 

私がお世話になった神戸神奈川アイクリニックは、大阪梅田のOSビルという極めて交通至便なところに位置し、フットワ-クが非常に軽くクリニックを尋ねることが出来ました。
 

そして、全てのドクタ-とは話したわけではないですが。私が付いていただいたM先生、K先生は非常に患者側の視点で話を聞いてくれました。
 

またレ-シックの全く知識のなかった私に、図を買い手まで説明してくださって非常に安心な気持ちになったのをしっかりと覚えています。
 
 

特殊手術であるレ-シックでの手術実績が抜群に多い

 

レーシックは、クレタ大学学長であるイオアニス G パリカリス博士が最初に始めて、その後1990年にギリシャで世界初のレーシックが行われました。
 

アメリカでは1995年にFDA(アメリカ食品医薬品局)が、一般的に使用認可を出し、1998年以降レーシックが屈折矯正手術の主流となっています。
 

要は、世界的に歴史の浅い手術ではあります。当然、日本においては、エキシマレーザーが2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)によってその使用が認可されました。
 

だから、これからレ-シックを受けようとする人は、選ぶクリニックを過去の手術実績数で選ぶことをお勧めします。
 

神戸神奈川アイクリニックは、昨年とうとう国内の症例数が41万5,475症例を超えました。
 

そして、アイレーシックの症例数も6万4,913症例を超えました。この数字を見てもわかるように大阪でレーシックを受けるなら安心できるクリニックだといえますね。
 
 

保障の期間と安心の保障内容

 

看護師神戸神奈川アイクリニックのレーシック手術での保障期間は、3年です。特殊な手術を選んだ場合は15年も用意されています。
 

一番多いスタンダードレーシック 3年 15万円 、iFSイントラレーシック 3年 25万円 、プレミアムアイレーシック(3年保障プラン) 3年 30万円 となっています。
 

レーシックの術後リスクであるハログレア(光のにじみ)やドライアイなどの症状は、3カ月~1年で自然に落ち着くとされているので、3年の保障期間でも十分だと言えます。
 

また数は少ないですが、プレミアムアイレーシック(トータルケア) 15年 37万円 、プレミアムアイデザインレーシック 15年 40万円 も選べます。この期間,保証が付くのは技術力の高さがないと、なかなか出せないものです。
 

むろん、それぞれ再手術は無料になっています。この期間は、診察無料、薬費用無料(1年間)、相談無料(夜間相談窓口あり)゛すし、怖い合併症の治療も無料で受けられます。
 

他のクリニック、S近視クリニック、Mアイクリニック等と比べても、遜色の無い内容になっています。