高槻眼科では、最先端のフェムトセカンドレーザーによる近視矯正手術を行なっています。

この術式の特徴は、世界で唯一フラップを作らずに角膜実質部分のみをミクロン単位で照射し、角膜カーブを変化させる方式で、この様な緻密な手術ができるのはカールツァイス社製の装置を取り入れているためです。

最先端フェムトセカンドレーザーによる近視矯正手術

エキシマレーザーによる近視矯正手術にはPRKとレーシック(LASIK)の2種類が現在の主流の方法になります。

PRKは点眼麻酔後れーざーで直接角膜の表面から削っていきます。レーシックと比べると、術後の痛みが強く、視力が安定するまで時間が少しかかってしまいます。

この方法は角膜が薄い方や仕事上の問題でレーシックが難しい人にお勧めしている手術方法です。

レーシックは、マイクロケラトーム(電動カンナの様な器械)で角膜表面にフラップ(薄いふた状のもの)を作り、めくった所をレーザー照射してからフラップを元に戻します。

このため、短時間で手術ができ、術後の痛みも少なく視力回復も早いという特徴があります。これが今までのレーシック手術です。

現在、世界で唯一フラップ(角膜の表面に作る薄いふた状のものをフラップと言います)も作らず角膜実質部分のみをミクロン単位で照射し、出来たレンチクルを除去させて角膜カーブを変化させる最先端の次世代レーザーがカールツァイス社製のフェムトセカンドレーザーです。

フェムトセカンドレーザーVisuMaxは近視矯正のレンチクル切除だけに限らず角膜移植時の角膜(ドナー含む)の精密な切除が可能になります。

フェムトセカンドレーザーだけによる最先端の近視矯正手術ReLEx術式

【ReLEx smile方式】

1.角膜表面上にサクションリングを固定してフェムトセカンドレーザーを照射し、角膜実質内にレンチクルを正確につくります。レンチクルとは近視矯正手術で、矯正の為に切除する角膜実質のことを言います。

2.角膜12時方向に約4㎜の小切開を作り、そこからレンチクルのみを眼外に取り除きます。

3.残った角膜内で、内側と外側がくっ付いて新たに角膜のカーブが変わり矯正されます。

【ReLEx Flex方式】

1.角膜表面上にサクションリングを固定してから、フェムトセカンドレーダーを照射し、表層内にレンチクル(薄いレンズ)を作ります。

2.フラップを開き残ったレンチクルを取り除きます。

3.フラップを元に戻すと残った内側と外側がくっ付いて新たに角膜のカーブが変わり矯正されます。

当院のホームページに目の写真を使って、分かり易く手術内容を説明していますので、詳細はそちらをご覧下さい。また、当院に導入している装置の写真もご覧頂けます。

高槻眼科(大阪)の近視手術の場合には片眼15~20万で行っています。

高槻眼科(大阪)の取り組み

高槻眼科長は和歌山県の生まれで、和歌山、大阪で眼科医の実績を積み上げ、地域に根付いた眼科診療を目指し、21世紀の眼科診療所として、時代の流れを取り入れながら、患者様に心から安心して頂ける様な医療に取り組んでいます。

近視矯正手術を受けるかどうか、迷っておられる方にも不安にならない様、心がけています。